CSR

CSR活動

SDGsとは

2015年に国連は持続可能な世界を2030年までに実現するために、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)を定め、17の目標を設定しました。政府、企業、自治体、そして私たち一人ひとりが、未来の世界をより良くするために協力しあい「地球上の誰一人取り残さない」(leave no one behind)世界を目指すための全世界の共通目標です。17の目標のうち、YOUR’sWAYが特に取り組んでいる目標をご紹介します。

再生可能なクリーンエネルギー

7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに

18世紀の産業革命以降、人口増加や産業の発展でエネルギーの消費は急速に増えてきました。
今後もアジアやアフリカの経済の成長に合わせて、エネルギー消費がますます増えると考えられています。

現在のエネルギーは、石油、石炭、天然ガスの化石エネルギーが中心です。

化石エネルギーは限りのある資源で、このペースで使い続けると100年後にはほとんど使い果たしてしまうという予測もあります。化石エネルギーを作り出すときに二酸化炭素が発生するのも問題です。このまま化石エネルギーの消費量が増え続けると、地球温暖化や気候変動がますます深刻化するといわれています。

また、石油のような化石エネルギーなどエネルギー資源の大半を海外からの輸入に頼っている日本は世界第4位のエネルギー消費国でありながら、エネルギー自給率はわずか9.6%。
これは先進国の中でも極めて低く、エネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に頼っている状況です。

私たちは、エネルギー事業を通して日本の再生可能エネルギーに貢献することで、未来により良い世界を残していきたいと考えています。